画像利用申請

平成28年3月1日(火)より、下記の区分に基づき、所蔵資料および当館が撮影した資料の画像を貸し出しております。利用目的や作品により、申込先・申込方法が異なります。


申込先の区分

下記の1~5に該当する場合は、彦根城博物館に事前問い合わせのうえ、お申し込みください。1~5に該当しない場合は、すべて株式会社DNPアートコミュニケーションズへの申し込みとなります。利用目的・作品に応じて、申込先をご確認ください。

  1. 国、地方自治体その他公共団体が利用する場合
  2. 博物館施設が利用する場合
  3. 学校教育法による学校(大学は除く)が授業・講義・学校行事等のために利用する場合
  4. 営利を目的としない個人・団体が学術研究の用途として利用する場合
  5. DNPアートコミュニケーションズのホームページにない画像を利用する場合  など
利用区分フローチャート

画像資産利用区分

 

 


株式会社DNPアートコミュニケーションズへお申し込みいただく場合

申込・問い合わせ先

株式会社DNPアートコミュニケーションズ
〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20
電話:03-6431-3702 ファックス:03-6431-3705

※平成28年3月1日以降、同社ウェブサイト「Image Archives」にて画像の検索・画像利用の申込ができます。画像利用は有料です。申込方法・利用料金等については、同サイトをご参照ください。


彦根城博物館へお申し込みいただく場合

申込・問い合わせ先

彦根城博物館 学芸史料課 画像資産利用担当
〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1番1号
電話:0749-22-6100 ファックス:0749-22-6520
受付時間 午前8時30分から午後5時15分(土日祝を除く)

※彦根城博物館への申し込みの場合、申込書到着から承諾書発行まで1週間から10日程度かかります。

手続きの流れ(概要)

利用の流れ(掲載)

提出書類

手続きの手順(詳細)

STEP1 利用者が問い合わせ用紙を提出

当館所蔵資料は点数が多く、類似した名称の作品もあることから、利用希望の資料を特定するため、申込書提出前の段階でお問い合わせをお願いいたします。お問い合わせ方法は、画像資産利用(掲載)問い合わせ用紙に必要事項を記載の上、ファックスまたは郵送にてお送りください。折り返し、担当から資料名称・画像点数・貸し出し可能な状態かどうかなどについて回答いたします。
※電話での問い合わせはご遠慮いただいております。書面によりお問い合わせください。

STEP2 (館蔵品以外の場合)利用者が所蔵者から承諾を得る

館蔵品以外の場合、STEP1での問い合わせに対する回答で、所蔵者への承諾の取り方をお伝えしますので、それにもとづいて所蔵者の承諾を得てください。手続き方法が変わる可能性がありますので、当館への問い合わせ前に所蔵者に連絡することはご遠慮ください。

STEP3 利用者が申込書を提出

STEP1の問い合わせに対する回答にもとづいて、画像資産利用(掲載)申込書等の書類を持参または郵送により提出してください。申込書記入の際は、画像資産利用(掲載)申込書(見本)をよくご確認ください。
※申込書に記入・押印の上、郵送してください。ファックス・メールによる申請は受け付けておりません。

STEP4 当館から承諾書・請求書・画像を発送

申込書受理から承諾書発送まで1週間~10日程度(土日祝を除く)かかります。申込の状況により日数は前後します。

STEP5 利用料の納入・画像の返却・成果物の送付
  • 画像は承諾期間内にご返却ください。
  • 掲載誌などの成果物を1部送付してください。所蔵者が当館以外の場合、成果物は当館と所蔵者へ1部ずつ送付してください。

利用料金

1点1回につき2,700円

  • 別途、CD-R代や送料などの実費を請求することがあります。
  • 公的機関や研究目的による利用の場合は、利用料が免除となる場合があります。詳しくはお問い合わせへの返答の際に、当館よりお知らせします。
  • DNPアートコミュニケーションズのウェブサイト「Image Archives」に利用申込される場合の料金は、同サイトをご参照下さい。

留意事項

  • 「画像資産利用(掲載)規約」を遵守してください。
  • 当館が承諾した目的以外に使用することはできません。他の目的に使用する場合は、再度お申し込みください。
  • 承諾書・請求書は、申込者名宛てに発行します。製作者と発行者・放映局が異なる場合などは、利用料金請求先の名義で申込書を提出してください。
  • 請求書発行後の変更・取消はできません。実際に画像を使用されなくても料金支払い義務は残ります。
  • 資料の所蔵者を明示してください。当館所蔵以外の資料の場合、所蔵者の指示に従って表記してください。
  • 申込書到着順に処理しますので、多くの申し込みがあった場合、承諾まで時間がかかる場合があります。余裕をもってお申し込みください。

画像資産利用Q&A

利用したい画像は特に決まっていないので、おすすめの資料を教えて欲しい。
主な当館所蔵資料は、平成28年3月1日より、株式会社DNPアートコミュニケーションズのウェブサイト「Image Archives」から検索および画像利用できるようになっております。画像利用は有料です。代表的な資料は主な収蔵品でも紹介しています。その他、展覧会図録などの刊行物を参照して、利用希望の資料をお選びください。
井伊直弼画像を利用したいのですが。
当館では、彦根市にある井伊家菩提寺の清凉寺が所蔵する井伊直弼画像の写真を貸し出すことができます。当館への手続きの手順に従ってお申し込みください。当館への問い合わせ前に、清凉寺へ直接連絡することはご遠慮ください。なお、この画像と同じ構図を持つ作品が複数存在しますが、それらは清凉寺所蔵の画像の写しであることから、当館ではオリジナル作品である清凉寺所蔵画像をご利用いただいております。
利用料金はいつ払えばよいのですか?
入金方法は、銀行口座振込と彦根市指定金融機関等の窓口での納付という2つの方法があります。どちらの方法を希望するか、申込書にご記入ください。承諾書と同時に、振込金額と口座を記した請求書もしくは納付書を送付しますので、発行日の翌月末日までに入金してください。彦根市指定金融機関は次の項目のとおりです。
彦根市指定金融機関等とは、具体的にどこですか?
滋賀銀行、りそな銀行、滋賀中央信用金庫、関西アーバン銀行、大垣共立銀行、京都銀行、近畿労働金庫、滋賀県信用組合、滋賀県民信用組合、商工組合中央金庫、東びわこ農業協同組合、および彦根市役所、支所、出張所です。窓口に納付書をご持参いただき、ご入金ください。
書籍を増刷する場合、再度申し込む必要はありますか?
画像資産利用(掲載)規約をご確認ください。
番組を再放送する場合、再度申し込む必要はありますか?
画像資産利用(掲載)規約をご確認ください。
当館所蔵資料の写真や翻刻文を学会発表・論文などで利用したいのですが。
画像資産利用(閲覧・複写)問い合わせ用紙によりお問い合わせください。
画像をメールで送ってもらうことはできますか?
画像はCD-R等で貸し出します。メールでの貸出はしておりません。
以前使用したデータを再利用するので、承諾だけいただきたいのですが。
平成28年3月1日以降、再利用は認めておりません。再度画像貸出の手続きをとってください。その際、使用する画像によって申込先が異なりますので、ご注意ください。
彦根屏風を商品のパッケージ等に利用したいのですが。
画像使用とは別に、当館への商標利用申請が必要になります。詳しくはこちらをご参照ください。また、彦根屏風の画像貸出はDNPアートコミュニケーションズへの申し込みとなります。
HOME > 利用申請 > 画像利用申請