刊行物

能面再興の立役者 近代の名工・中村直彦

企画展図録
刊行年 2017年
判型 変形判(206*182mm)
ページ数 24ページ
価格 500円
送料 180円

東京美術学校で彫刻を学んだ中村直彦(なかむらなおひこ)(1877~1945)は、伝統を踏まえつつ、新たな感覚の能面を制作しました。能を愛好した井伊家15代直忠(なおただ)(1881~1947)は、そのパトロンの一人です。直彦の能面とその活動について紹介します。

HOME >刊行物 > 能面再興の立役者 近代の名工・中村直彦