主な収蔵品

朱漆塗紺糸威縫延胸腰取三枚胴具足

しゅうるしぬりこんいとおどしぬいのべむねこしとりさんまいどうぐそく

朱漆塗紺糸威縫延胸腰取三枚胴具足 1領
滋賀県指定有形文化財
胴高33.0cm
江戸時代
井伊家伝来資料

6代井伊直恒(なおつね)所用と伝える具足。立物を前立(まえだて)とする世子時代のものです。井伊家に連なる者でも、当主以外は家臣と同様に前立とすることになっていました。長大な天衝(てんつき)は明治時代の新補。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 朱漆塗紺糸威縫延胸腰取三枚胴具足