主な収蔵品

朱漆塗萌葱糸威縫延胸取二枚胴具足

しゅうるしぬりもえぎいとおどしぬいのべむねとりにまいどうぐそく

朱漆塗萌葱糸威縫延胸取二枚胴具足 1領
滋賀県指定有形文化財
胴高39.8cm
江戸時代
井伊家伝来資料

10代井伊直幸(なおひで)所用と伝えるものですが、元来は8代井伊直定(なおさだ)所用として作られた可能性があります。朱を基調とした甲冑と萌葱色の威糸とのコントラストが鮮やかな1領です。兜には、歴代当主のみ用いることができた天衝脇立(てんつきわきだて)のほか、前立(まえだて)として金の幣(ぬさ)を取り入れています。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 朱漆塗萌葱糸威縫延胸取二枚胴具足