主な収蔵品

展示中作品

朱漆塗萌葱糸威切付小札二枚胴具足

しゅうるしぬりもえぎいとおどしきりつけこざねにまいどうぐそく

朱漆塗萌葱糸威切付小札二枚胴具足 1領
胴高38.4cm
江戸時代
三居孫太夫家伝来資料

彦根藩士・三居孫太夫家に伝来した1領。金色の吹返(ふきかえし)を付けた錆地(さびじ)仕上げの星兜(ほしかぶと)のsikoro(しころ)は、下段に向かってゆるやかな曲線を描く饅頭sikoro(まんじゅうしころ)です。胴は横長の鉄板に小札(こざね)が連なっているような刻みを付けた切付小札胴とし、当世具足の袖に比べ大型の袖を合わせています。江戸時代中期頃から、当世具足以前の形式の甲冑が注目され、古式に倣ったものが制作されるようになりました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 朱漆塗萌葱糸威切付小札二枚胴具足