主な収蔵品

展示中

武者合戦図大小鐔

むしゃかっせんずだいしょうつば

武者合戦図大小鐔 2枚
銘 (大)江州彦根住喜多河藻柄子入道宗典 行年七十三歳製
(小)江州彦根住藻柄子喜多河宗典
直径(大)8.2 耳厚0.3cm
(小)7.9 耳厚0.4cm
江戸時代
井伊家伝来資料

大小とも赤銅(しゃくどう)魚子(ななこ)地(じ)に武者合戦図を高彫色絵であらわします。銘に切られた喜多(きた)河(がわ)宗典(そうてん)は、江戸時代中期に彦根中薮(なかやぶ)に住した彫金工。藻柄子(もがらし)は入道名。彦根彫と呼ぶ美濃彫の流れを汲んだ彫金を創始し、主に秋草図や武者合戦図を得意としました。宗典作の彦根彫鐔は江戸で人気を博し、珍重されたといいます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 武者合戦図大小鐔