主な収蔵品

展示中作品

能面 中将

のうめん ちゅうじょう

能面 中将 1面
是閑吉満作
木造(ヒノキ材)・彩色
面長20.2cm
桃山時代
井伊家伝来資料

平安時代の歌人、在原業平(ありわらのなりひら)の相貌を表現したという若い男の面。いかにも王朝の貴公子らしい気品と繊細さを感じさせます。眉間に寄せた2本の皺に一抹の哀愁が漂よいます。面裏に緑青を埋め込んだ「天下一是閑(ぜかん)」の焼印があり、名工是閑(?~1616)の作と知られます。鳥取・池田家伝来。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 能面 中将