主な収蔵品

展示中

長絹(紫地花籠に槍梅文様)

ちょうけん(むらさきじはなかごにやりうめもんよう)

長絹(紫地花籠に槍梅文様) 1領
丈111.5 裄106.2cm
江戸時代
井伊家伝来資料

舞をまう女役に用いる能に特有の装束。この1領は、深い紫の地に絽金で文様を織りあらわします。背と袖の重点文様は、柳と桜を活けた花籠。優艶に枝垂れるおもしろさがあり、これに対して裾からは槍梅が対照的な直線の強さをみせます。曲線と直線の対比が見どころです。枝垂れかかる優しさは、和様美の特徴のひとつ。春の風情がこの1領に凝縮されています。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 長絹(紫地花籠に槍梅文様)