主な収蔵品

展示中作品

厚板唐織(紅地石畳入桧垣地に牡丹獅子梅文様)

あついたからおり(べにじいしだたみいりひがきじにぼたんししうめもんよう)

厚板唐織(紅地石畳入桧垣地に牡丹獅子梅文様) 1領
丈150.0 裄69.5cm
江戸時代
井伊家伝来資料

石畳をおさめた変わり桧垣地を1領の全体に割り付け、上文様には大ぶりの4種類の唐団扇を配します。唐団扇の配置はいたって大様といってよく、中には梅、牡丹、獅子、そして菊に胡蝶といった中国風の文様をおさめますが、枠にこだわらずに、はみ出すかのようにあらわされます。地文様の金と紅、そして濃い萌葱が強く主張し、上文様と一体となった感があります。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 厚板唐織(紅地石畳入桧垣地に牡丹獅子梅文様)