主な収蔵品

展示中作品

若狭塗利休棗

わかさぬりりきゅうなつめ

若狭塗利休棗 1合
高6.8 口径6.8cm
江戸時代
井伊家伝来資料

甲に丸みがあり、上から3分の2ほどに合口を作る、千利休好みの棗。若狭塗は、凹凸を付けた下塗に彩漆を塗り重ね、研ぎ出して斑点文様をつくる技法で、その過程で卵殻粉などを蒔き、漆層の色合いを華やかに仕上げるのが特徴です。ここでは、黒漆と緑漆の層が用いられています。同じく利休好みの黒漆塗棗とともに伝来しました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 若狭塗利休棗