主な収蔵品

展示中作品

御所丸茶碗

ごしょまるちゃわん

御所丸茶碗 1口
高7.3 口径12.2cm
朝鮮・李朝時代
井伊家伝来資料

桃山時代の茶匠、古田織部(ふるたおりべ)の指示により、朝鮮半島南部の釜山近郊の金海で制作されたと伝えられます。沓形で、口縁を玉縁とし、胴は平行に削り跡を残す部分と大きな箆目(へらめ)を施す丸みのある腰部分とに分け、5角形の低い高台を作ります。朝鮮半島の各窯では、井戸茶碗を珍重した日本の茶人からの注文制作も行われました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 御所丸茶碗