主な収蔵品

展示中作品

赤絵虎渓三笑図六角徳利

あかえこけいさんしょうずろっかくとっくり

赤絵虎渓三笑図六角徳利 1口
床山玉恍作
高20.6 口径2.2cm
江戸時代
井伊家伝来資料

薄手の6角形をなす白地の素地に、胴部に大きく花形の窓を設けて虎渓三笑の故事を描き、その周囲を花唐草文や幾何学文で埋めています。虎渓三笑図の木立の葉の間に「玉恍園」の銘があり、中仙道沿いの坂田郡原村に住した床山玉恍(とこやまぎょっこう)の作とわかります。床山は、藩窯の素地を仕入れて自宅で赤絵や色絵の上絵付を行って販売していた、民間の株仲間の1人。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 赤絵虎渓三笑図六角徳利