主な収蔵品

展示中作品

染付蝉形蝉図向付

そめつけせみがたせみずむうこうづけ

染付蝉形蝉図向付 5枚
高4.0 幅16.0cm
江戸時代
井伊家伝来資料

5枚1組で、幅広い簡略化した蝉形の器形に、木犀の幹に留まる蝉を描いています。白磁の素地が青みを帯びているのは湖東焼の特色の1つとされ、釉薬として混入した物生山石(むしやまいし)や、あるいは窯場の鉄気水が原因とも考えられています。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 染付蝉形蝉図向付