主な収蔵品

展示中作品

笙 銘海浦

しょう めいかいぶ

笙 銘海浦 1管
頼尊(らいそん)作
総高52.8cm
鎌倉時代 仁治2年(1241)
井伊家伝来資料

作者の頼尊は、信貴山朝護尊子寺の僧で、「笙は頼尊の作を最上とす」といわれた、最も著名な笙の制作者です。この笙は、銘にふさわしく、匏には海賦文様を華やかな蒔絵であらわします。岩に打ち寄せる波、ただよう海藻、各種の貝。箱にも、同種の文様を施していす。もと二条家の所持と伝えます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 笙 銘海浦