主な収蔵品

展示中作品

埋木象文嵌入硯箱

うもれぎぞうもんかんにゅうすずりばこ

埋木象文嵌入硯箱 1合
小川破笠作
縦24.5 横17.0 高6.3cm
江戸時代
井伊家伝来資料

埋木材に金属粉を蒔き、色絵の陶板を嵌入して象の図柄を表した破笠細工。箱内には、瓢箪形の硯と夕顔形の水滴が据えられています。小川破笠(おがわはりつ)は、江戸時代中期に江戸で活躍した漆芸師。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 埋木象文嵌入硯箱