主な収蔵品

展示中作品

武仙手鑑

ぶせんてかがみ

武仙手鑑 1帖
狩野常信筆
絹本著色
各縦17.0 横14.9cm
江戸時代
井伊家伝来資料

中国の書物『武仙』によって、代表的武将を手鑑形式の1帖にまとめたもの。周代初期の太公望(たいこうぼう)から、三国期の諸葛亮(しょかつりょう)や関羽(かんう)、南宋の韓世忠(かんせいちゅう)までの36人を描いています。幕府の御用絵師である木挽町(こびきちょう)狩野(か のう)家2代の狩野常信(つねのぶ)(1636~1713)の筆。「養朴」の印から、剃髪して名を改めた慶安3年(1650)以降の制作と考えられます。手堅い筆法で、いかにも常信らしい作品といえます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 武仙手鑑