主な収蔵品

展示中作品

柳廼四附

やなぎのしずく

柳廼四附 2冊
重要文化財
井伊直弼筆
各縦24.0 横16.0cm
江戸時代
彦根藩井伊家文書

井伊直弼(なおすけ)が埋木舎(うもれぎのや)時代から詠んだ千百首の和歌を、勅撰和歌集の形式にならって自ら編集したもの。春夏秋冬、恋、羈旅(きりょ)、祝賀、雑之部に分類されています。本書に収録されていない和歌も知られ、かなりの多作であったと思われます。書名は「柳の雫(しずく)」の意。直弼の好んだ柳にちなむものです。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 柳廼四附