主な収蔵品

展示中作品

椰子実掛花生 銘 露のやどり

やしのみかけはないけ めい つゆのやどり

椰子実掛花生 銘 露のやどり 1口
井伊直弼作
高10.3 口径4.2
江戸時代
井伊家伝来資料

井伊直弼(なおすけ)自作の花生。椰子実の上端を切って鐶(かん)を付け、掛花生として制作されています。表側に「露の屋どり」の銘が、裏側に直弼の花押(かおう)が金蒔絵で記されています。銘の「露」は、まるみのある雫(しずく)形の椰子実の形状に由来すると考えられます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 椰子実掛花生 銘 露のやどり