主な収蔵品

展示中作品

喫茶十徳蒔絵香合

きっさじっとくまきえこうごう

喫茶十徳蒔絵香合 1合
高2.7 径8.9cm
江戸時代
井伊家伝来資料

井伊直弼好みの意匠の香合。藤の実形で、合口に銀覆輪をめぐらします。桑材の木地を生かし、甲に「喫茶十徳」の語を、蓋裏に直弼の花押を蒔絵で記しています。直弼は、参禅の師であった彦根・清涼寺の仙英禅師に「茶十徳」の語の草案を見せて意見を求めており、後に釜の地紋にも採り入れました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 喫茶十徳蒔絵香合