主な収蔵品

朱漆塗紺糸威縫延腰取二枚胴具足

しゅうるしぬりこんいとおどしぬいのべこしとりにまいどうぐそく

朱漆塗紺糸威縫延腰取二枚胴具足 1領
滋賀県指定有形文化財
胴高39.0cm
江戸時代
井伊家伝来資料

8代井伊直定(なおさだ)所用と伝える具足。天衝脇立(てんつきわきだて)とは別に菖蒲の葉を象った前立(まえだて)を装着し、肩には大袖をつけるなど、現存する歴代甲冑の中で最も装飾性豊かな1領です。菖蒲は、武道を重んじる意味を持つ「尚武(しょうぶ)」に音が通ずるため、武家に好まれた意匠です。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 朱漆塗紺糸威縫延腰取二枚胴具足