主な収蔵品

展示中

朱地金井桁紋纏

しゅじきんいげたもんまとい

朱地金井桁紋纏 1流
縦276 横166cm
桃山時代
井伊家伝来資料

戦場で大将の居場所を示す巨大な旗。井伊家では纏(まとい)、粧軍(まとい)と称しています。これは、関ヶ原の合戦で使用したと伝えるもの。朱の練絹(ねりぎぬ)に金で井桁の紋が大きくあらわされています。大坂夏の陣で使用したと伝えるもののほか、同じ形式のものが数種伝存しています。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 朱地金井桁紋纏