主な収蔵品

脇指 銘長曽祢興里入道乕徹

わきざし めい ながそねおきさとにゅうどうこてつ

脇指 銘長曽祢興里入道乕徹 1口
刃長54.2 反り0.7cm
江戸時代
井伊家伝来資料

13代井伊直弼(なおすけ)の指料(さしりょう)で、粟田口一竿子忠綱(あわたぐちいっかんしただつな)の太刀の小さ刀にあてられたもの。鍛(きたえ)は小板目肌(こいためはだ)がよく約(つ)み、地沸(じにえ)細かく入り、刃文はのたれに互(ぐ)の目(め)交じり、茎(なかご)は生ぶで乕徹の銘を切ります。長曽根虎徹(ながそねこてつ)は新刀第一の名工。もとは越前の甲冑師でしたが、明暦初年頃(1655頃)に、50歳ほどで江戸へ出て刀鍛冶(かたなかじ)となりました。虎徹が新刀第一の名声を得たのは、鍛の良さと切れ味の鋭さによります。この作は、銘の字体から寛文5年(1665)頃の作とみられます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 脇指 銘長曽祢興里入道乕徹