主な収蔵品

展示中作品

能面 童子

のうめん どうじ

能面 童子 1面
木造(ヒノキ材)・彩色
面長20.7cm
室町時代
井伊家伝来資料

井伊家伝来能面中の屈指の名品のひとつ。童子は、永遠の若さを象徴する神仙の化現。額に垂れる細かい毛描、三日月形の眉、眦の上がった涼しい目をした美少年です。人間離れのした溌剌とした生気を感じさせます。表の入念なつくりに較べて、裏は無造作で古格が感じられます。面裏に作者を日氷とする、宝生太夫の金泥極めがあります。日氷は、越中(富山県)に住んでいたという面打。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 能面 童子