主な収蔵品

展示中作品

青磁刻花牡丹文花生

せいじちこっかぼたんもんはないけ

青磁刻花牡丹文花生 1口
高19.8 口径13.3cm
中国・明時代
井伊家伝来資料

灰褐色の素地に、胴や頸部に牡丹文を、下辺には鋸歯(きょし)文を、浅くやわらかな彫り口で陰刻し、青磁釉をかけます。明るい発色を示す釉薬には、粗い貫入が現れており、「七官青磁(しちかんせいじ)」と呼ばれる特色を示しています。日本にもたらされて後は、書院を飾る茶の湯の道具の一つとなり、花生として用いられました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 青磁刻花牡丹文花生