主な収蔵品

展示中作品

青手古九谷写鳳凰文平鉢

あおでこくたにうつしほうおうもんひらばち

青手古九谷写鳳凰文平鉢 1口
高4.6 口径23.0cm
江戸時代
井伊家伝来資料

見込に瑞雲を伴って舞う鳳凰を、周縁部に板目文様を描いた、青手古九谷写しの作品。湖東焼では、伊万里・瀬戸・九谷など各地の窯から工人を招いて技術の向上を図っています。ここでも九谷焼の特色をよく写しており、こうした写し物の制作を通して、技術が習得されていきました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 青手古九谷写鳳凰文平鉢