主な収蔵品

関ヶ原合戦図

せきがはらかっせんず

関ヶ原合戦図 6曲1隻
縦156.7 横361.2cm
江戸時代後期
井伊家伝来資料

慶長5年(1600)9月15日、美濃関ヶ原における合戦の全容を描いた屏風。東西各部隊の姿が旗印によって描き分けられます。また、武勇の士が活躍する逸話も多数描かれます。構図全体としては、制作当時に広く認識されていた合戦像を図像化した作品といえます。その中にあって、第2扇を中心に、「赤備え」の井伊隊が西軍の島津隊を追走する瞬間がとらえられています。井伊隊の躍動感ある姿から、合戦における井伊隊の活躍を際立たせようとする制作意図がうかがえます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 関ヶ原合戦図