お知らせ

2017年3月18日

国宝・彦根城築城410年祭開催期間中は、当館の観覧券が変わります

彦根市では、平成29年3月18日(土)から平成29年12月10日(日)まで、「国宝・彦根城築城410年祭」が開催されます。開催期間中は、当館を観覧できる観覧券について、デザインと観覧料金が変更になります。ご来館の際は、各観覧券で入場できる施設と観覧料金をご確認のうえ、彦根城周辺の券売所もしくは彦根城博物館受付でお買い求めください。

【変更期間】

国宝・彦根城築城410年祭開催期間中
平成29年3月18日(土) から 平成29年12月10日(日) まで

【変更内容】

①各観覧券について、デザインまたは観覧料金、もしくはその両方が変更されます。
②各観覧券に、「開国記念館」の入場券が含まれます。
※期間中、開国記念館は「おんな城主 直虎」スペシャル企画を開催する有料施設となり、入館には入場券が必要となります。

【観覧券詳細】

観覧券のデザインおよび観覧料金の詳細は、「ご利用案内」のページをご確認ください。

 

2017年3月4日

平成29年度 支援スタッフ募集のお知らせ

彦根城博物館では、事業をサポートしていただく支援スタッフが、館職員とともに活動しています。さまざまな人と触れあいながら、一緒に博物館を盛り上げてみませんか?

詳細は「支援スタッフ」のページをご覧ください。

2017年2月7日

開館30周年記念日特別イベントの開催について

彦根城博物館は、昭和62年(1987年)2月11日(市制施行記念日)に開館したことから、例年2月11日を開館記念日として特別イベントを実施しています。

今年もご来館のお客様に感謝の気持ちを込めて、くじびき大会を行います。

日時

平成29年(2017年)2月11日(土・祝)

午前8時30分から午後5:00まで(最終入館は午後4時30分まで)
※ただし、くじびきは記念品がなくなり次第終了します。

内容

当日、展示をご観覧のお客様にくじびきをしていただき、記念品をプレゼントします。

記念品

・彦根屏風(ミニチュア小)

・直弼かるた

・彦根城・玄宮園・彦根城博物館無料観覧券(ペア券)

・ひこにゃん関連グッズ  

・開館30周年記念オリジナルトートバッグ

・彦根城博物館オリジナルグッズ 等

 

2017年1月27日

平成28年度  美術講座
「知的美術探訪―日本美術に見る「写し」―」

「写し」と聞くとコピー・偽物といったマイナスイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし、日本の美術においてはオリジナルが絶対というわけではなく、「写し」は優れた作品の技を学び、伝え、さらには新たな作品を生み出す原動力ともなっていました。本講座では、絵画、能面、仏像、やきもの、それぞれにおける「写し」のあり方とその特徴について紹介します。

1 日時・場所・内容

平成29年2月18日(土)、25日(土) 13時30分~15時20分
場所:彦根城博物館 講堂

2月18日(土)
第1講「彦根屏風の写しとアレンジ」(髙木文恵) 50分
第2講「能面における本面と写し」(茨木恵美)  50分

2月25日(土)
第3講「仏像の模刻と霊性」(古幡昇子)     50分
第4講「湖東焼にみる名陶写し」(奥田晶子)   50分

※1講のみの受講も可能です

風俗図 柴田是真筆 個人蔵

風俗図 柴田是真筆 個人蔵

能面 獅子口 友水庸久作

能面 獅子口 友水庸久作

善光寺式阿弥陀三尊像 高宮寺蔵

善光寺式阿弥陀三尊像 高宮寺蔵

湖東焼 青手古九谷写鳳凰文鉢

湖東焼 青手古九谷写鳳凰文鉢

2 対象・定員

中・高校生および一般が対象 50名

3 資料代

資料代200円(彦根市内の中学生以下は無料)※1講のみ受講の場合も同額

4 申し込み方法

事前申込なし。当日会場へお越しください。(先着順)

5 問い合わせ先

彦根城博物館学芸史料課 「美術講座」係
〒522-0061 彦根市金亀町1番1号
TEL0749-22-6100 FAX0749-22-6520

2017年1月26日

平成29年度 博物館実習の実施について

彦根城博物館では、学芸員養成課程履修者を対象に博物館実習を実施します。
当館での実習を希望の方は、以下の実施要項を確認の上、所定の手続きをおこなってください。

彦根城博物館 平成29年度博物館実習実施要項

 

2016年11月29日

工事に伴う一部休室・臨時休館および展示内容一部変更のお知らせ

当館は館内設備改修工事のため、以下のとおり一部展示室を休室・臨時休館いたします。また、これに伴い展示内容を一部変更しますので、ご来館される際はご注意くださいますようお願い致します。

1 展示室1~3休室期間

平成29年2月12日(日) ~ 3月7日(火)
※休室期間中は、展示室1~3はご観覧いただけません。また、彦根城・玄宮園とのセット券は販売いたしません。
※上記の期間中は、博物館のみご観覧の方は展示替期間中と同様の料金になります。詳細は、「ご利用案内」の「観覧料金一覧」をご覧下さい。

2 臨時休館期間

平成29年3月8日(水) および 3月9日(木)
※臨時休館期間中は、当館にはご入館いただけません。

3 展示内容の一部変更

・テーマ展「中国故事人物の姿 -三国志の諸葛孔明から詩聖李白まで-」
開催場所:展示室1
開催期間:平成29年1月1日(日・祝) ~ 2月11日(土・祝)
※1月1日(日・祝)から1月31日(火)まで開催予定でしたが、工事に伴い期間が延長されました。

・特別公開「雛と雛道具」
開催場所:展示室6
開催期間:平成29年2月3日(金) ~ 3月7日(火)
※例年は展示室1で開催していますが、今年度は展示室6で開催します。(開催期間の変更はございません。)

・常設展示「“ほんもの”との出会い」
通常、展示室2、3、5、6で開催していますが、以下のとおり縮小し開催します。

【平成29年2月3日(金) ~ 2月11日(土・祝)】
開催場所:展示室2、3、5
※展示室1でテーマ展、展示室6では特別公開を開催します。

【平成29年2月12日(日) ~ 3月7日(火)】
開催場所:展示室5のみ
※展示室1~3は休室し、展示室6で特別公開を開催します。

 

2016年11月29日

平成28年度 入門講座 彦根藩の歴史
「井伊直虎と井伊直政」開催のお知らせ

平成29年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と、彦根藩井伊家初代当主・井伊直政に着目する講座を開催します。

戦国時代、遠江国井伊谷(現静岡県浜松市)の国衆(土着の地域領主)の娘として生まれた井伊直虎は、当主が次々と非業の死を遂げる中、女性でありながら井伊氏を差配し、井伊氏苦難の時代を支えた人物です。また、直虎が養い育てた井伊直政は、のち徳川家康の家臣となり、赤備えの部隊を率いて武功を重ね、ついには彦根藩を創設するまでに至ります。

今回の講座では、謎が多くこれまであまり知られてこなかった井伊直虎、そして戦国時代の井伊氏について、史実をもとに解き明かします。あわせて、苦難の時代を乗り越えた井伊氏が、家康の天下統一事業を助け、ついには近江国の大名となる、彦根藩草創の歴史について紹介します。

 

1 日時・場所

平成29年(2017年)1月28日(土)
第1講 13時30分~14時40分 「井伊直虎 -井伊氏苦難の時代-」
講師:青木 俊郎(当館学芸員)

第2講 14時50分~16時   「井伊直政 -赤備えの活躍と彦根藩の成立-」
講師:渡辺 恒一(当館学芸員)

※1講座のみの受講も可能

※会場は彦根城博物館能舞台正面見所

2 対象

中・高校生および一般 120名

3 資料代

資料代200円(彦根市内の中学生以下は無料)  ※1講座のみ受講の場合も同額

4 申し込み方法

①往復はがき、②彦根城博物館ホームページのいずれかの方法で申し込みができます(応募者多数の場合は抽選し、抽選結果は12月24日(土)以降にお知らせいたします)。

◆往復はがきによる申し込み
往信の裏面に住所・氏名・電話番号を、復信の宛名面に住所・氏名を明記のうえ、下記の「入門講座」係までお申し込みください。

◆彦根城博物館ホームページからの申し込み

お申し込みはこちらから     ※12月1日からお申し込みできます。

※抽選結果等を当館アドレス(museum@mx.hikone.ed.jp)からメール送信いたします。指定受信あるいは受信拒否等の受信設定をされている場合は、上記アドレスからのメールを受信できるよう設定ください。

※おひとり1通の申し込みのみ有効です。

5 申し込み期間

平成28年12月1日(木)~12月20日(火)必着

6 申し込み・問い合わせ先

彦根城博物館学芸史料課「入門講座」係

〒522-0061 彦根市金亀町1番1号
TEL0749-22-6100 FAX0749-22-6520

2016年11月24日

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
特別展 戦国!井伊直虎から直政へ
の実施について

 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送にあわせて、大河ドラマの登場人物に関連した資料や文化財を通じ、主人公ゆかりの地の歴史や文化を紹介する展覧会を開催します。

 戦国時代、男の名で家督を継いだ、「おんな城主」井伊直虎の波瀾に満ちた生涯を軸に、駿河の今川・甲斐の武田・三河の徳川と3つの大国に囲まれた井伊氏が、遠江の領主として、繰り返される謀略や戦いの中でどのように乱世を生き延びたのか、同時代に生きた戦国武将や周辺の人物を通して浮き彫りにします。

 また、直虎に養育され、徳川家康の家臣となった井伊直政は、小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いなどで武功をあげ、のちに「徳川四天王」と称されるほど、家康の天下統一事業に重要な役割を果たしました。直政の彦根藩井伊家創設に到る道程を、井伊家に受け継がれた貴重な美術品・古文書などから紹介します。

1 名称

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」特別展

戦国!井伊直虎から直政へ

2 会期・会場・主催

【東京展】

会期:2017年7月4日(火)~8月6日(日)<30日間>

会場:東京都江戸東京博物館(東京都墨田区)

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、NHK、

   NHKプロモーション

 

【静岡展】

会期:2017年8月14日(月)~10月12日(木)<52日間>

会場:静岡県立美術館(静岡県静岡市駿河区)

主催:静岡県立美術館、NHK静岡放送局、NHKプラネット中部、

   中日新聞東海本社

 

【彦根展】

会期:2017年10月21日(土)~11月28日(火)<39日間>

会場:彦根城博物館(滋賀県彦根市)

主催:彦根城博物館、NHK大津放送局、NHKプラネット近畿

 

3 展示構成案

第1章「動乱を超えて ~今川・武田と井伊氏~」

第2章「遠江の雄 ~井伊谷(いいのや)の領主として~」

第3章「徳川家康と四天王」

第4章「遠江から近江へ ~直政、彦根藩創設への道程」

4 問い合わせ

NHKプロモーション

  (電話)03-5790-6424(土日祝除く 午前10時~午後6時)

 

 

2016年11月7日

城郭博物館三館連携講演会「天下人の合戦―信長・秀吉・家康 それぞれの分岐点―」
参加者二次募集のお知らせ

みだしの講演会ですが、募集を締め切りましたところ、まだ若干お席に余裕があります。そのため二次募集することになりました。

追加する申込期間 11月20日(日)まで 当日消印有効  ただし、定員に達し次第、終了とさせていただきます。

三館連携講演会チラシ表(H28) 

 

1 日時・内容

平成28年(2016年)12月10日 (土曜日) 13時30分~16時30分

13時30分~13時35分 開会挨拶

13時35分~14時20分 「信長にとっての長篠合戦」 (安土城考古博物館 髙木叙子)

14時20分~15時05分 「秀吉にとっての賤ヶ岳合戦」 (長浜城歴史博物館 森岡榮一)

15時05分~15時15分 休憩

15時15分~16時00分 「家康・井伊直孝にとっての大坂の陣」 (彦根城博物館 渡辺恒一)

16時00分~16時30分 鼎談「天下人の合戦」

2 場所

滋賀県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦6678)

3 定員

140人

4 資料代

500円

5 申し込み方法

往復葉書による事前申込制 定員を超えた場合は抽選

申込期間:11月20日まで(当日消印有効) ただし、定員に達し次第、終了とさせていただきます。

申込人数:往復葉書1枚につき1人  *申込先:滋賀県立安土城考古博物館

記入内容:往信裏面に①申込希望の講演会名 ②住所 ③氏名 ④電話番号、返信表面に返信用の郵便番号・住所・氏名。

6 問い合わせ先

滋賀県立安土城考古博物館
〒521-1311 近江八幡市安土町下豊浦6678
TEL0748-46-2424 FAX0748-46-6140

2016年10月11日

城郭博物館三館連携講演会「天下人の合戦―信長・秀吉・家康 それぞれの分岐点―」
開催のお知らせ

滋賀県内を代表する3つの城をテーマに活動する彦根城博物館・長浜市長浜城歴史博物館・滋賀県立安土城考古博物館では、平成23年度より3館で連携し、戦国時代から江戸時代という大きな歴史の転換点をさまざまな角度から考える講座・シンポジウム等を開催してきました。

平成28年度は、天下人となった信長・秀吉・家康それぞれにとって転機となった合戦を各館の学芸員が紹介し、三人のあゆみや共通点・違いなどを、発表者の鼎談により考えます。特に家康については、NHK大河ドラマ「真田丸」のクライマックスを迎える大坂の陣を扱いますので、ご注目下さい。

みなさまのご来場をお待ちしています。

三館連携講演会チラシ表(H28) 三館連携講演会チラシ裏(H28)

 

1 日時・内容

平成28年(2016年)12月10日 (土曜日) 13時30分~16時30分

13時30分~13時35分 開会挨拶

13時35分~14時20分 「信長にとっての長篠合戦」 (安土城考古博物館 髙木叙子)

14時20分~15時05分 「秀吉にとっての賤ヶ岳合戦」 (長浜城歴史博物館 森岡榮一)

15時05分~15時15分 休憩

15時15分~16時00分 「家康・井伊直孝にとっての大坂の陣」 (彦根城博物館 渡辺恒一)

16時00分~16時30分 鼎談「天下人の合戦」

2 場所

滋賀県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦6678)

3 定員

140人

4 資料代

500円

5 申し込み方法

往復葉書による事前申込制 定員を超えた場合は抽選

申込期間:10月31日まで(当日消印有効)

申込人数:往復葉書1枚につき1人  *申込先:滋賀県立安土城考古博物館

記入内容:往信裏面に①申込希望の講演会名 ②住所 ③氏名 ④電話番号、返信表面に返信用の郵便番号・住所・氏名。

6 問い合わせ先

滋賀県立安土城考古博物館
〒521-1311 近江八幡市安土町下豊浦6678
TEL0748-46-2424 FAX0748-46-6140

1 / 512345
HOME >新着情報 > お知らせ