お知らせ

2019年7月10日

令和元年度 彦根城博物館学芸員による講座

彦根城博物館の学芸員は、各自の研究テーマや担当する展示について日頃から調査や研究を重ねています。本講座は、学芸員がその調査・研究の成果をわかりやすく話し、彦根城博物館の活動や所蔵資料、さらには日本の歴史や美術に関心を持ってもらおうとするものです。

 

1 開催日・内容・講師

令和元年9月14日(土)

テーマ展「霊の面 怨霊・亡霊・神霊」関連講座

「霊の面の種類と特徴」(茨木 恵美)
能面には、この世ならざる霊的な存在、怨霊や亡霊、神霊などを表したものがあります。これら霊の面の種類や特徴について、面を使用する演目の内容にも触れながら紹介します。

令和元年10月12日(土)

テーマ展「殿様の本棚」関連講座

「井伊家伝来典籍から見える藩主の姿」(髙木 文恵)
彦根藩主井伊家伝来典籍の中に、当主の蔵書印のあるものが見られます。これら蔵書から、茶の湯や雅楽、将棋、馬術等々、11代直中、12代直亮、13代直弼の関心をたどり、その個性を浮き彫りにします。

令和元年11月9日(土)

テーマ展「井伊家の茶の湯」関連講座

「10の物語でひもとく井伊家の茶の湯」(奥田 晶子)
井伊家2代直孝が徳川家康から拝領した名物茶入をはじめ、井伊家伝来の茶道具には様々なエピソードがあります。講座では、名品10点にまつわるエピソードを紹介します。

令和元年12月14日(土)

テーマ展「彦根藩井伊家の鷹狩り」関連講座

「江戸時代の鷹狩り」(竹内 光久)
江戸時代、彦根藩井伊家の当主は、将軍から拝領した鷹を使って、近江国内において鷹狩りを行いました。その具体的な様子や特徴を古文書から明らかにし、より深く紹介します。

令和2年1月18日(土)

私の研究最前線「彦根藩の武具制作とメンテナンス事情」

第1講「井伊家と甲冑師」(古幡 昇子)
大名道具の筆頭に挙げられる甲冑。本講では、彦根藩井伊家の甲冑制作や修繕に携わった甲冑師をはじめ、井伊家が将軍家に献上した甲冑を手掛けた甲冑師も紹介していきます。

令和2年2月22日(土)

私の研究最前線「彦根藩の武具制作とメンテナンス事情」

第2講「彦根藩の御細工所」(渡辺 恒一)
甲冑や鎗、弓、旗、幕などの修理から、井伊家菩提寺の障子の張り替えに至るまで、道具や施設の細やかな部分の維持を職務とした御細工所の役割を紹介します。

令和2年3月21日(土)

私の研究最前線「彦根藩の武具制作とメンテナンス事情」

第3講「足軽の武具」(北野 智也)
彦根藩の足軽は、戦闘集団として1120人を37組に編成し、平時には治安維持をはじめ様々な役割を担いました。本講座では、足軽による鉄砲や弓などの管理について紹介します。

2 開催時間

午後2時~午後3時30分

3 会場

彦根城博物館 講堂

4 定員

各60名

5 費用

資料代 各100円(彦根市内の中学生以下は無料)

6 受付

当日先着順

7 問い合わせ先

彦根城博物館学芸史料課「講座」係
〒522-0061 彦根市金亀町1番1号
TEL0749-22-6100 FAX0749-22-6520

2019年6月25日

令和元年度 能公演スケジュール

第53回彦根城能  

とき    令和元年97日()午後4時30分開演

ところ   彦根城博物館 能舞台 (〒522-0061 彦根市金亀町1番1号)

演目
【お話】 天野文雄
宝生流仕舞 「井 筒」    金森 秀祥
大蔵流狂言 「因幡堂」    茂山 あきら
宝生流 能 「望 月」    辰巳 満次郎

チケット販売場所   彦根城博物館   ℡0749-22-6100

チケット
81日(販売開始
全席指定 A席(正面)5,500円 B席(脇正面)5,000円


※開催日時・演目・出演者等は、都合により、やむなく変更することがございますのでご了承ください。
※チケットは、彦根城博物館受付およびお電話にてお求めいただけます。
(発売初日は館内販売:午前9時~、電話予約:午前10時~)
※未就学児の方はご入場いただけません。


 

 

2019年4月27日

『彦根城博物館研究紀要』第29号を刊行しました

このたび、当館で「彦根城博物館研究紀要」第29号を刊行しました。この紀要には、当館学芸員の日頃の研究結果をまとめた資料紹介3編を収録しています。

本書は、当館ミュージアムショップで頒布します。当館への電話によるご購入も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

名  称:「彦根城博物館研究紀要」第29号
判  型:B5判
ページ数:45ページ(+口絵4ページ)
印  刷:単色印刷(口絵はカラー印刷)

収録論文:
(1)資料紹介 「永源寺所蔵伝井伊直滋所用具足について」    古幡 昇子

(2)資料紹介 「個人所蔵『伝手書写』」            奥田 章子

(3)資料紹介 「上田友庵家文書『直弼公御書簡』」       渡辺 恒一

詳しくは「彦根城博物館研究紀要」のページをご覧ください。

2019年2月25日

平成31年度(2019年度) 支援スタッフ募集のお知らせ

彦根城博物館では、事業をサポートしていただく支援スタッフが、館職員とともに活動しています。さまざまな人と触れあいながら、一緒に博物館を盛り上げてみませんか?

詳細は「支援スタッフ」のページをご覧ください。

2019年4月26日

彦根城博物館施設使用料改定について(お知らせ)

彦根城博物館施設の使用料について、令和元年(2019年)10月に行われる消費税および地方消費税の税率の引き上げに伴い、令和元年(2019年)10月1日から改定いたします。
よろしくご理解の程お願いいたします。

新料金適用開始日

令和元年(2019年)10月1日以降に使用申請されたものに適用します。
それまでに使用申請されたものは、使用日が10月1日以降であっても現行の使用料を適用します。

施設使用料一覧

施設区分 時間区分 現行料金 改定後料金
 木造棟  午 前  11,600  12,500
 午 後  13,900  14,700
 全 日  23,000  24,600
 講 堂  午 前   1,700   2,100
 午 後   2,000   2,400
 全 日   3,500   4,300

※能舞台の使用料は改定いたしません。

 

 

2019年1月31日

平成31年度(2019年) 博物館実習の実施について

彦根城博物館では、学芸員養成課程履修者を対象に博物館実習を実施します。
当館での実習を希望の方は、以下の実施要項を確認の上、所定の手続きをおこなってください。

彦根城博物館 平成31年度(2019年)博物館実習実施要項

 

2019年1月19日

開館32周年記念日特別イベントの開催について

彦根城博物館は、昭和62年(1987年)2月11日(市制施行記念日)に開館したことから、例年2月11日を開館記念日として特別イベントを実施しています。

今年もご来館のお客様に感謝の気持ちを込めて、くじ引き大会を行います。

日時

平成31年(2019年)2月11日(月・祝)

午前8時30分から午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)
※ただし、くじ引きは記念品がなくなり次第終了します。

内容

当日、展示をご観覧のお客様にくじ引きをしていただき、記念品をプレゼントします。

記念品

・彦根屏風(ミニチュア小)

・直弼かるた

・彦根城・玄宮園・彦根城博物館無料観覧券(ペア券)

・ひこにゃん関連グッズ

・彦根城博物館オリジナルグッズ 等

 

2017年10月31日

彦根城博物館と彦根城(玄宮園含む)セット券の料金が変わります

平成29年(2017年)12月11日から、彦根城(玄宮園含む)の観覧料金が変更されます。
これに伴い、彦根城博物館、彦根城、玄宮園のセット券の料金も変更されますのでお知らせ致します。
※彦根城博物館の観覧券については、料金変更はありません。

新料金適用開始日

平成29年(2017年)1211日(月)から

観覧できる施設

彦根城博物館、彦根城、玄宮園

変更後料金表

 

Book1

※左上の黒丸をクリックすると拡大できます。

 

 

2018年9月14日

特別展「長曽祢虎徹 ー 新刀随一の匠 ー」のご案内

10月26日(金)から11月25日(日)までの間、特別展「長曽祢虎徹-新刀随一の匠-」を開催します。

江戸時代前期の刀工、長曽祢虎徹。彼が制作した刀剣は、斬れ味が鋭く、よく締まった強い鉄が高く評価され、新刀随一の作とも称されました。虎徹あるいはその祖先の出身は、近江国長曽根村(現・滋賀県彦根市)と言われます。

本展では、彦根ゆかりの名工・長曽祢虎徹の作品の数々を紹介し、その魅力に迫ります。

【長曽祢虎徹】チラシ_ページ_1【長曽祢虎徹】チラシ_ページ_2

特別展「長曽祢虎徹 -新刀随一の匠-」ちらし(PDF)

2018年9月5日

営業再開のお知らせ

台風21号の影響により、誠に勝手ながら、彦根城博物館を臨時休館させていただいておりましたが、下記のとおり営業を再開することとなりましたのでお知らせ致します。

 

営業再開日

  平成30年9月6日(木8時30分より

そ の 他

  9月6日(木)以降、通常どおり営業いたします。

 

 

 

 

 

 

1 / 712345...最後 »
HOME >新着情報 > お知らせ