お知らせ

2015年7月10日

三彩宝相華文五耳壺

胴全体に宝相華唐草文を、下辺に蓮弁文を貼り付け、緑・黄・紫の釉薬をかけ分けます。日本では茶壺として珍重されましたが、肩に溝を彫り込んだ大きめの耳が5つ取り付けられていることから、本来は貯蔵用であったと考えられます。この種の壺は、「交趾焼(こうちやき)」(ベ卜ナム産)と呼ばれてきましたが、近年では中国南部で制作されたと考えられています。

HOME >新着情報 > 三彩宝相華文五耳壺