お知らせ

2018年8月31日

特別展「長曽祢虎徹-新刀随一の匠-」関連講演会の開催について

当館では、平成30年10月26日(金)から同年11月25日(日)までの会期で、特別展「長曽祢虎徹(ながそねこてつ)-新刀随一の匠-」を開催します。この展示は、彦根の長曽根村に起源をもつとされる長曽祢鍛冶に連なる刀工で、江戸時代前期に活躍した刀工長曽祢虎徹をとりあげ、彼の作品の魅力を紹介しようとするものです。

この展示に合わせ、関連講演会を2回開催します。

第1回は、当館学芸員が、彼の技や特徴、また先祖である長曽祢鍛冶について、作品や文書資料などを通じ、その全容について分かりやすく紹介いたします。

第2回は、刀剣史研究の第一線で活躍する研究者である末兼俊彦氏を講師に迎え、虎徹が鍛刀した刀剣の特徴や日本刀における虎徹の位置付けについてお話しいただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

1 開催日・内容

平成30年(2018年)11月4日(日)

特別展「長曽祢虎徹-新刀随一の匠-」関連講座

講演会①「虎徹と長曽祢鍛冶」

講   師: 古幡 昇子(ふるはた のりこ)(当館学芸員)

日  時:平成30年(2018年)11月4日(日) 14時~15時30分

会  場:当館講堂

定  員:60名

資 料 代:100円(展示の観覧には別途観覧料が必要)

申  込:不要(当日先着順。12時から整理券を配布)

平成30年(2018年)11月10日(土)

講演会②「『虎徹』は はたして名工か-興里(おきさと)・興正(おきまさ)・興久(おきひさ)-」

講   師: 兼末 俊彦(すえかね としひこ)氏(京都国立博物館 研究員)

日  時:平成30年(2018年)11月10日(土) 14時~15時30分

会  場:当館講堂

定  員:60名(当日先着順)

受 講 料:500円(展示の観覧には別途観覧料が必要)

申  込:不要(当日先着順。12時から整理券を配布)

2.主催

彦根城博物館

問い合わせ先:彦根城博物館学芸史料課「特別展関連講演会」係(担当:奥田晶子)

〒522-0061 彦根市金亀町1番1号

TEL 0749-22-6100  FAX 0749-22-6520

脇指 銘 長曽祢興里入道乕徹

 

 

 

 

「脇指 銘 長曽祢興里入道乕徹」(彦根城博物館蔵)

HOME >新着情報 > 特別展「長曽祢虎徹-新刀随一の匠-」関連講演会の開催について