年間スケジュール

2018-2019 年間スケジュール

風俗図(彦根屛風)

平成30年4月13日[金]~5月8日[火]

特別公開

国宝(こくほう)彦根屛風(ひこねびょうぶ)

近世初期風俗画の傑作、国宝・彦根屛風を特別公開します。

左:能面 増女 元休満茂作
右:舞衣 紫地牡丹菊と松皮菱繋ぎの雲文様

平成30年5月11日[金]~6月12日[火]

テーマ展

華麗(かれい)なる(のう)(よそお)い -女神(めがみ)鬼神(きじん)

能では、演じる役柄によってその(よそお)い、身につける(おもて)や装束、(かずら)(かぶ)り物などがおおよそ決まっています。様々な装いの中から、若く美しい女神、荒々しい力を持つ鬼神を紹介します。能面と色鮮やかな装束、小道具の取り合わせの妙をご覧ください。

左:染付花鳥図文皿(個人蔵)
右:錦手松竹に折鶴文重箱(個人蔵)

平成30年6月15日[金]~7月16日[月・祝]

企画展

商家(しょうか)のうつわ -湖東(ことう)商家伝来(しょうかでんらい)のやきもの-

商家では、大勢の客をもてなすため、大揃いの膳碗(ぜんわん)などの食器類が、必須の道具とされました。これらは、華やかな色や模様で彩られており、いかにも富商(ふしょう)好みの趣があります。本展では、湖東地域の商家に伝来したもてなしの器の数々を紹介します。

左:金亀山伝記
右:御城内御絵図

平成30年7月20日[金]~8月21日[火]

テーマ展

彦根城(ひこねじょう)(しろ)姿(すがた)城下町(じょうかまち)()らし

彦根の象徴としてそびえる彦根城。井伊家が近江国に領地を得て彦根城の築城に着手した経緯をはじめ、城郭の特徴、城下町に生きた人びとの歴史について紹介します。

左:能面 白色尉
右:能面 般若 井関家重作

平成30年8月24日[金]~9月17日[月・祝]

テーマ展

能面(のうめん)いろは-井伊家伝来能面(いいけでんらいのうめん)から-

役柄や演出に応じた様々な種類がある能面。その表情も、じつに多種多様です。本展では、能面の大まかな種類、(じょう)鬼神(きじん)(りょう)、男、女それぞれの特徴や決まりごと、見分け方といった、能面を鑑賞する際のポイントを紹介します。これを機会に能面に親しんでみませんか。

左:彦根製糸場古写真
右:彦根製糸場商標

平成30年9月21日[金]~10月23日[火]

企画展

彦根製糸場(ひこねせいしば)近代化(きんだいか)先駆(さきが)け-

明治11年(1878)、近代的な器械製糸工場である彦根製糸場が設立されました。これには、井伊家も経営に大きく関わっており、井伊家伝来の近代文書の中にも関係史料が見つかっています。これらを含め、近隣地域の近代化をも牽引した彦根製糸場について紹介します。

上:脇指 銘 長曽祢興里入道虎徹
下:脇指 銘 長曽祢興里入道虎徹(茎)

平成30年10月26日[金]~11月25日[日]

特別展

長曽祢虎徹(ながそねこてつ)新刀随一(しんとうずいいち)(たくみ)

江戸時代前期の刀工・長曽祢虎徹(ながそねこてつ)。彼が制作した刀剣は、切れ味が鋭く、よく締まった強い(かね)が高く評価され、新刀(しんとう)随一の作とも称されました。虎徹あるいはその先祖の出身は、近江国長曽根村(おうみのくにながそねむら)(現・滋賀県彦根市)と言われます。本展では、彦根ゆかりの名工・長曽祢虎徹の作品の数々を紹介し、その魅力に迫ります。

左:五字書対幅 日下部鳴鶴筆
右:滝画賛幅 日下部鳴鶴筆

平成30年11月29日[木]~平成31年1月8日[火]
※平成30年12月25日~31日は休館です。

テーマ展

近代(きんだい)書聖(しょせい) 日下部鳴鶴(くさかべめいかく)新出資料(しんしゅつしりょう)を中心に-

彦根出身で近代を代表する書家、日下部鳴鶴(くさかべめいかく)(1838-1922)。近年、当館が新たに収蔵した鳴鶴作品をお披露目します。

弥千代の雛道具のうち 三棚

平成31年2月8日[金]~3月4日[月]
※照明設備改修工事のため展示室6にて開催

特別公開

(ひな)雛道具(ひなどうぐ)

井伊家13代直弼の愛娘弥千代(やちよ)(1846~1927)の雛と大揃いの雛道具を、地元の旧家に伝来した古今雛(こきんびな)御殿(ごてん)(かざ)りなどとともに一挙公開。春の訪れを告げる恒例の展示です。

上:合弓
下:黒塗橘井桁紋雲龍蒔絵壺胡簶

平成31年3月9日[土]~4月3日[水]

テーマ展

武家(ぶけ)(そな)え -井伊家伝来(いいけでんらい)弓具(ゆみぐ)

弓馬(きゅうば)の道」という語句があるように、弓術と馬術は武士にとって欠かせない武術でした。本展では井伊家伝来の弓具に注目し、弓矢をはじめ、弓籠手(ゆごて)矢筒(やづつ)などの品々を紹介します。

HOME > 展覧会 > 年間スケジュール