展覧会

特別公開「雛と雛道具」

開催期間:令和2年/2020年2月1日(土)~3月3日(火)

3月3日の上巳(じょうし)の節句に行われる雛祭りは、女児の健やかな成長を祈る行事です。元来、上巳に限らず、節句は季節の変り目にあたるため、病気などの災いが降りかかりやすい日と考えられてきました。そのため、節句には厄を払う祈りをし、厄を受ける身代わりとして人形(ひとがた)を作り、神に供えたり、厄払いとして川や海に流すということが行われました。後にこの人形は、飾り付けて楽しむものへと変化して行きました。

江戸時代に入ると、桃の節句に、人形とともに菱餅や菓子、桃の花びらを浮かべた白酒などを供えて賑やかな飾り付けをして祭を行うという、現代につながる習わしが定着しました。この人形は雛と呼ばれ、より華やかで精巧なものが作られるようになります。そして、実際の調度類を模したミニチュアの雛道具も作られ、雛と共に飾られるようになりました。江戸時代の大名家の姫君の婚礼の際には、嫁入道具として、豪華な調度とともに雛と雛道具が誂えられました。雛道具は、婚礼調度を模し、数十件にも及ぶ大揃えのものとするのが通例です。

井伊家13代直弼(なおすけ)の息女弥千代(やちよ)(1846~1927)が、安政5年(1858)に高松藩(たかまつはん)松平家(まつだいらけ)世子(せいし)頼聡(よりとし)に嫁いだ際にも、婚礼調度とともに愛らしい雛と雛道具が調えられました。弥千代の雛は、紙製の衣装をまとう古式ゆかしい立雛です。雛道具は、井伊家の家紋の橘と松竹梅の文様が金蒔絵であしらわれ、実物の調度さながらに精巧に作り込まれています。その数は85件にも及び、賑々しい婚礼仕度の様子を今に伝えてくれます。本展では、弥千代の雛と雛道具を展示し、また併せて、地元の旧家に伝わる古今雛(こきんびな)や段飾り、御殿飾りなどを一挙に公開します。春を彩る華やかな雛飾りの数々をご堪能ください。

▼弥千代の雛道具のうち駕籠(かご)・長柄傘(ながえがさ)
駕籠 高31.5cm 長柄傘45.0cm

 

 

 

 

 

 

 

▼古今雛(こきんびな)一対
男雛 高45.0cm 女雛 高50.5cm 明治~大正 本館蔵(清水隆子氏寄贈資料)

 

 

 

 

 

ギャラリートーク

名称
特別公開「雛と雛道具」
会期
令和2年/2020年2月1日(土)~3月3日(火)
休館日
会期中無休
開館時間
午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入場料
詳しくはこちら

ダウンロード

展示作品リスト


主な展示作品

HOME >展覧会 > 特別公開「雛と雛道具」