彦根城博物館|Hikone Castle Museum|滋賀県彦根市金亀町にある博物館

文字サイズ
標準

日本の刀装 -刀を飾る技と美-

開催
令和3年/2021年10月23日(土)~11月23日(火・祝)

 鞘(さや)や柄(つか)、鐔(つば)などからなる刀装は、刀身を収め携行するための道具です。刀装には、古くから装飾が施され、その種類は時代が下るにつれて豊かになっていきます。特に江戸時代の鞘塗はバリエーションに富み、漆を使ったさまざまな塗り方に加え、種々の素材を取り合わせた変わり塗が発展しました。本展では、日本の刀装の変遷を、鞘塗を中心とする装飾に焦点を当てて紹介するとともに、その魅力に迫ります。

カレンダーの凡例

休館日:
令和3年(2021年)
 4月14日(水)
 6月8日(火)
 6月16日(水)
 8月18日(水)
 9月1日(水)
 10月19日(火)
 11月26日(金)
 12月8日(水)
 12月25日(土)~31日(金)
令和4年(2022年)
 2月3日(木)
 3月8日(火)
開館時間:
午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

年間スケジュールはこちら

常設展“ほんもの”との出会い -徳川譜代筆頭 井伊家伝来の名宝の数々-

展示中の作品・常設展のご紹介

ただ今展示中

古銅弦月釣花生

銅に鉛や錫を加えた古銅製で V字形の断面の下辺に銅製のお...

HOME