主な収蔵品

展示中作品

赤絵金彩羅漢雲鶴文茶碗

あかえきんさいらかんうんかくもんちゃわん

赤絵金彩羅漢雲鶴文茶碗 1口
幸斎作
高7.5 口径10.6cm
江戸時代
井伊家伝来資料

赤絵金彩で、胴内側に羅漢、外側に雲鶴をびっしりと描き、下辺には細字で長文の漢詩を書き込んでいます。幸斎(こうさい)は、12代井伊直亮(なおあき)の時に迎えられた絵付師。もとは飛騨高山の僧で、還俗して京都で絵を学び、器全体を埋め尽くす細密な筆使いの優品を生み出しました。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 赤絵金彩羅漢雲鶴文茶碗