主な収蔵品

展示中

黒漆塗笹唐草蒔絵双六盤

くろうるしぬりささからくさまきえすごろくばん

黒漆塗笹唐草蒔絵双六盤 1基
縦28.6 横39.4 高20.5cm
江戸時代
井伊家伝来資料

碁盤・将棋盤・双六盤は三面(さんめん)と呼ばれ、婚礼調度の定番でした。14代井伊直憲(なおのり)の正室として有栖川宮家(ありすがわのみやけ)から迎えられた宜子(よしこ)が持参した婚礼調度です。黒漆塗りに笹をあしらった唐草文を蒔絵し、有栖川宮家の家紋である三ツ横菊紋を散らしています。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 黒漆塗笹唐草蒔絵双六盤