主な収蔵品

展示中

篳篥 銘梅薫丸

ひちりき めいばいくんまる

篳篥 銘梅薫丸 1管
全長18.1cm
室町時代
井伊家伝来資料

京都・仁和寺御室の御物で、坊官長尾家に代々伝来したといいます。この篳篥を納める家(管筥)には、銘に因んで、たわわに実る梅の木を金銀の高蒔絵で描き、要は螺鈿で鶴丸紋とします。箱の蓋裏に、「袖ふれし/梅はかわらぬ匂にて/ねこめうつろふ/宿やことなる」の和歌を書き付けています。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 篳篥 銘梅薫丸