主な収蔵品

展示中

箏 銘三和

そう めい さんわ

箏 銘三和 1面
頼尊作
木造(スギ材)
全長180.3cm
鎌倉時代
井伊家伝来資料

中国起源の13絃の箏。鎌倉時代に遡る古例です。作者の頼尊(らいそん)(1186~?)は、信貴山朝護孫子寺の僧で、笙の作者として著名でした。槽裏の銘には、「勤行の暇に作り三ヵ月でできあがった。律呂(楽律)がよく和すようにと願って三和と号す」とあります。箏は多くがキリ材製ですが、これはスギ材とみられ、古い時代の箏の製作を考える上で、貴重な作品です。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 箏 銘三和