主な収蔵品

展示中

そう

筝 1面
松井佐吉作
木造(キリ材)
全長186.1cm
室町時代 嘉吉2年(1442)
井伊家伝来資料

制作年が明らかな作品。残念ながら、作者の経歴は、明らかでありません。螺鈿であらわされた杜若(かきつばた)や水流の装飾は江戸時代のもの。この組み合わせは、『伊勢物語』の在原業平(ありわらのなりひら)の東下りに取材し、この2つで「八橋(やつはし)」をあらわします。業平は、都を偲んで八橋(愛知県知立市)で、「かきつばた」の5文字を詠み込んだ和歌を作つたのでした。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 筝