主な収蔵品

展示中作品

交趾荒磯文香合

こうちあらいそもんこうごう

交趾荒磯文香合 1合
高6.5 口径7.6cm
中国・明時代
井伊家伝来資料

「交趾焼」と称される、中国南部で制作された型物香合。厚手でやわらかい素地に、蓋には荒波の間に見え隠れする魚・海老・海獣、胴には逆巻く波が、型押しの浮き文様で表されています。魚や海老は黄色、ほかには緑色の釉薬を掛け分ける二彩とします。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 交趾荒磯文香合