主な収蔵品

展示中作品

七宝荒磯花文水指

しっぽうあらいそはなもんみずさし

七宝荒磯花文水指 1口
高10.0 口径19.2cm
中国・明時代
井伊家伝来資料

明時代に制作された鉢に、黒塗蓋を添えて水指に見立てています。七宝焼は、金属製の器胎の表面に酸化鉛や酸化コバルトなどを含む色彩エナメルを埋め、加熱熔着させて文様を表す技法で、ここでは文様の輪郭に銅線を用いる有線七宝の技法が用いられています。胴外側には、波間におどる魚と花木、内側には牡丹唐草文や波間の魚を描きます。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 七宝荒磯花文水指