主な収蔵品

展示中

能面 痩男

のうめん やせおとこ

能面 痩男 1面
長雲庸古作
木造(ヒノキ材)・彩色
面長19.1cm
江戸時代
井伊家伝来資料

生類殺生の罪で地獄に落ち、幽冥をさまよっている霊の面。肉が落ちて頬骨が突出し、目は落ち窪み、口元も力がありません。地獄の呵責に苦しむ憔悴しきった面貌にあらわされます。長雲(ちょううん)(?~1774)は、大野出目家8代。江戸時代後期の面打の中では上作と評されていました。加賀・前田家伝来。

関連する作品

HOME >主な収蔵品 > 能面 痩男