お知らせ

2022年5月10日

『彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』第17巻を刊行しました

 このたび、『彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』第17巻を刊行しました。この史料集は、江戸時代の彦根藩士の履歴史料「侍中由緒帳」を活字化したもので、第17巻となります。

 「侍中由緒帳」は、当館の所蔵する重要文化財「彦根藩井伊家文書」に含まれ、江戸時代に彦根藩が藩士の人事を管理するために作成・活用した基本台帳です。同資料には、藩士各家の当主の役職の任免や賞罰の履歴が記録されています。元禄4年(1691)、4代当主井伊直興(なおおき)の命により作成され、明治初年まで書き継がれました。藩士の実態はもちろん、彦根藩の歴史を知る上でも重要な基礎史料であるため、平成6年(1994)以来、刊行してきました。
 この史料集では、「侍中由緒帳」の史料本文を忠実に翻刻(古文書のくずし字を活字に直すこと)し、人名や重要な記事についての注を付しています。また、各家に関する解説、各家の系図も収録しています。本巻には、原本の第50号と第51号に収められた、数十石クラスの知行取(ちぎょうとり)である中級藩士22家と、四十俵四人扶持を本高とする騎馬徒(きばかち)の家28家の、計50家を収録しています。知行取とは、藩から領地を与えられた藩士のことで、騎馬徒とは、侍身分でありながら馬に乗ることはなく、領地の代わりに蔵米(彦根藩の蔵に納められた米)を支給される藩士のことです。
 一例は内容紹介からご覧になれます。

 本書は、当館ミュージアムショップで頒布します。当館への電話によるご購入も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

名  称:『彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』第17巻
判  型: A5判
ページ数: 412ページ
印  刷: 単色刷り、上製本

 既刊情報については「彦根藩史料叢書」のページをご覧ください。

 

2022年5月10日

『彦根城博物館 研究紀要』第32号を刊行しました

このたび、『彦根城博物館 研究紀要』第32号を刊行しました。この紀要には、当館学芸員の日頃の研究結果をまとめた資料翻刻2編を収録しています。

本書は、当館ミュージアムショップで頒布します。当館への電話によるご購入も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

名  称:『彦根城博物館研究紀要』第32号
判  型: B5判
ページ数: 80ページ
印  刷: 単色印刷

収録内容:
(1)資料翻刻 「楽器類留」続 弾きもの       髙木 文恵
                         渡辺 恒一
(2)資料翻刻 五十嵐半次家文書中の大坂の陣関係史料 早川 駿治

※それぞれの概要文はこちら

 

詳しくは「彦根城博物館研究紀要」のページをご覧ください。

HOME >新着情報 > お知らせ