お知らせ

2022年5月31日

企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」関連イベントを開催します

彦根城博物館では、令和4年7月23日(土)から8月31日(水)までの会期で、企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」を開催します。
この展覧会は、近世に活躍した彦根藩の足軽の歴史的変遷を辿り、その実態に迫るとともに、他藩の足軽とは異なる特徴などを紹介するものです。
本展の関連事業として現地見学会とシンポジウムを開催します。ぜひ、ご参加ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、展示および現地見学会等の関連イベントが変更または中止となる場合があります。最新の情報は、当館ホームページ等で随時通知します。

 

現地見学会「彦根市指定文化財 足軽組屋敷をめぐる」

彦根市指定文化財である足軽組屋敷を特別に公開し、現在も残る足軽組屋敷の様子や町割りなどを、実際に現地を歩きながら紹介します。

■日  時 令和4年(2022年)8月6日(土)
      第一部 午前 9時から午前10時30分
      第二部 午前11時から午後 0時30分
      ※第一部と第二部は同内容

■講  師 渡邊弘俊氏(彦根辻番所の会会長)
      北野智也 (当館学芸員)
■会  場 旧彦根藩足軽組屋敷(善利組・旧礒島家住宅)
      (彦根市芹橋二丁目)ほか
■定  員 各部15名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
■参    300円(保険料・資料代)
主  催 彦根城博物館
共  催 彦根辻番所の会

■申  込
①彦根市電子申請サービス
申込ページはこちら

②往復はがき
往信の裏面に住所・氏名・電話番号・参加を希望する部を、返信の宛名面に住所・氏名を明記の上、
以下の住所までお送りください。(お1人様1通)

〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町1-1
彦根城博物館学芸史料課「足軽組屋敷現地見学会」係

■申込期間 令和4年(2022年)6月1日(水)~7月19日(火) *必着                           

 

 

 

 

 

シンポジウム「彦根藩足軽の実態と特質―萩藩との比較から―」

外部講師として、日本近世史における代表的な足軽研究者の一人である森下徹氏、彦根辻番所の会として足軽組屋敷の保存・活用に尽力されている渡邊弘俊氏に登壇いただくほか、当館学芸員も登壇します。他藩との比較を通じて、彦根藩の足軽や足軽組屋敷の特徴について紹介します。

■日  時 令和4年(2022年)8月20日(土) 午後1時~午後4時30分
■講  師 森下徹氏 (山口大学教授)
      渡邊弘俊氏(彦根辻番所の会会長)
      北野智也 (当館学芸員)
■演  題 森下徹氏 「(仮)萩藩の足軽について」
      渡邊弘俊氏「(仮)彦根の足軽組屋敷の保存と活用について」

      北野智也 「(仮)彦根藩の足軽について」
■会  場 彦根城博物館能舞台正面見所
■定  員 65名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
■受    500円(展示の観覧には別途観覧料が必要です)
主  催 彦根城博物館
共  催 彦根辻番所の会

■申  込
①彦根市電子申請サービス
申込ページはこちら

②往復はがき
往信の裏面に住所・氏名・電話番号を、返信の宛名面に住所・氏名を明記の上、
以下の住所までお送りください。(お1人様1通)

〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町1-1
彦根城博物館学芸史料課「シンポジウム」係

■申込期間 令和4年(2022年)6月1日(水)~7月19日(火) *必着 

 

2022年5月31日

令和4年度 彦根城博物館学芸員による講座

彦根城博物館の学芸員は、各自の研究テーマや担当する展示について、調査・研究を行っています。その成果や最新の知見を市民に直接伝える場として講座を開催します。これにより、当館の活動や所蔵資料、さらには日本の歴史や美術に関心を持ってもらおうとするものです。

 

1 開催日・演題・内容・講師

①令和4年6月4日(土) *終了しました 

私の研究最前線 「二十歳の直弼、江戸へゆく」(渡辺 恒一 )
井伊直弼は、天保5年(1834)、養子縁組のため江戸に行き、1年余り滞在しました。直弼自作の旅日記「露分衣(つゆわけごろも)」などから、当時の直弼が置かれた状況や彼の心境を探ります。

②令和4年6月18日(土) *終了しました

私の研究最前線 「井伊直亮の雅楽器収集―一大コレクションの形成―」
(髙木 文恵 )

井伊家12代直亮(なおあき、1794-1850)収集の雅楽器群は、日本有数のコレクションとして知られています。自身が記した詳細な目録「楽器類留(がっきるいとめ)」をもとに、その収集の様子を紹介します。

③令和4年9月17日(土) *終了しました

特集展示「松居石材商店の歴史」関連講座

「松居石材商店からみる近代彦根」(早川 駿治 )
松居石材商店は、江戸時代に彦根の城下で創業した石工職人の店です。近代以降、その技術を活かして幅広く事業を手がけていく近代彦根の石材店を紹介します。

④令和4年10月29日(土) *終了しました

企画展「上田道三―彦根の歴史風景を描く―」関連講演会

「上田道三の画業 ~風景画から記録画へ~」
(奥田 晶子)
彦根に生まれ、京都や奈良で絵を学んだのちに彦根に戻って制作を行った画家、上田道三(うえだみちぞう、1908~84)。その画業の全貌を紹介します。

⑤令和4年11月19日(土) *終了しました

企画展「彦根藩井伊家の刀剣」関連講演会

「井伊家伝来刀剣 名刀の履歴書」(古幡 昇子)
江戸時代、彦根藩井伊家が有した刀剣の中には、名物をはじめとする名刀の数々が確認できます。これらの来歴や魅力について、古文書や写真などを通して紹介します。

⑥令和4年12月3日(土)

私の研究最前線 「殿様の鷹狩りを支えた人たち」(竹内 光久 )
鷹狩りには、鷹の飼育、鷹の餌の調達、鷹場の管理などに、多くの人々が関わっていました。彦根藩井伊家の鷹狩りを支えた、彼らの具体的な役割を紹介します。

⑦令和5年1月14日(土)

テーマ展「彦根藩の年中行事」関連講座

「年中行事を比較する ―江戸幕府・彦根藩・彦根藩士家―」
(早川 駿治)

江戸幕府・彦根藩・彦根藩士家では、同じ名目の年中行事を行うにしても、その地位や規模の違いが反映されます。それぞれの行事内容の共通点や相違点をあぶり出します。

⑧令和5年2月18日(土)

私の研究最前線「井伊家伝来の公家装束を紐解く」(茨木 恵美 )
井伊家に伝来した、当主やその世継が儀式で用いたとみられる、石帯(せきたい)や平緒(ひらお)をはじめとする公家装束。これらの資料について、調査の成果を踏まえて初めて紹介します。

 

2 開催時間

午後2時から90分程度

3 会場

彦根城博物館 講堂

4 定員

①~② 各35名
③~⑧ 各50名
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、変更となる場合があります。

5 費用

資料代 各100円(彦根市内の中学生以下は無料)

6 受付

当日先着順(午後1時30分より受付開始)

7 問い合わせ先

彦根城博物館学芸史料課「講座」係
〒522-0061 彦根市金亀町1番1号
TEL0749-22-6100 FAX0749-22-6520

8 その他

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止などにより、講座の開催を中止する場合があります。最新情報は当館ホームページをご確認ください。また、講座の開催に際しては、当館の貸館利用時の感染拡大防止対策に準拠して感染防止対策を実施します。

2022年5月10日

『彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』第17巻を刊行しました

 このたび、『彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』第17巻を刊行しました。この史料集は、江戸時代の彦根藩士の履歴史料「侍中由緒帳」を活字化したもので、第17巻となります。

 「侍中由緒帳」は、当館の所蔵する重要文化財「彦根藩井伊家文書」に含まれ、江戸時代に彦根藩が藩士の人事を管理するために作成・活用した基本台帳です。同資料には、藩士各家の当主の役職の任免や賞罰の履歴が記録されています。元禄4年(1691)、4代当主井伊直興(なおおき)の命により作成され、明治初年まで書き継がれました。藩士の実態はもちろん、彦根藩の歴史を知る上でも重要な基礎史料であるため、平成6年(1994)以来、刊行してきました。
 この史料集では、「侍中由緒帳」の史料本文を忠実に翻刻(古文書のくずし字を活字に直すこと)し、人名や重要な記事についての注を付しています。また、各家に関する解説、各家の系図も収録しています。本巻には、原本の第50号と第51号に収められた、数十石クラスの知行取(ちぎょうとり)である中級藩士22家と、四十俵四人扶持を本高とする騎馬徒(きばかち)の家28家の、計50家を収録しています。知行取とは、藩から領地を与えられた藩士のことで、騎馬徒とは、侍身分でありながら馬に乗ることはなく、領地の代わりに蔵米(彦根藩の蔵に納められた米)を支給される藩士のことです。
 一例は内容紹介からご覧になれます。

 本書は、当館ミュージアムショップで頒布します。当館への電話によるご購入も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

名  称:『彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』第17巻
判  型: A5判
ページ数: 412ページ
印  刷: 単色刷り、上製本

 既刊情報については「彦根藩史料叢書」のページをご覧ください。

 

2022年5月10日

『彦根城博物館 研究紀要』第32号を刊行しました

このたび、『彦根城博物館 研究紀要』第32号を刊行しました。この紀要には、当館学芸員の日頃の研究結果をまとめた資料翻刻2編を収録しています。

本書は、当館ミュージアムショップで頒布します。当館への電話によるご購入も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

名  称:『彦根城博物館研究紀要』第32号
判  型: B5判
ページ数: 80ページ
印  刷: 単色印刷

収録内容:
(1)資料翻刻 「楽器類留」続 弾きもの       髙木 文恵
                         渡辺 恒一
(2)資料翻刻 五十嵐半次家文書中の大坂の陣関係史料 早川 駿治

※それぞれの概要文はこちら

 

詳しくは「彦根城博物館研究紀要」のページをご覧ください。

HOME >新着情報 > お知らせ