お知らせ

2022年10月7日

新収蔵資料「井伊直政書状 酒井三郎右衛門尉宛」を公開します

 このたび、彦根城博物館で「井伊直政書状 酒井三郎右衛門尉宛」の寄贈を受けました。あわせてお披露目の公開をしますのでお知らせします。

1 公開作品

井伊直政書状 酒井三郎右衛門尉宛
(いいなおまさしょじょう さかいさぶろうえもんのじょうあて)
 点  数:1巻
 法  量:(縦)16.6cm×(横)82.3cm
 制作年代:年未詳(戦国時代)9月28日
  ※あわせて装幀されている石黒務(いしぐろつとむ)の解説文(後述)も展示
   します。

2 史料の寄贈者

 中野修身(なかのおさみ)氏(71歳)。なお、母が酒井氏(ただし、江戸時代以降は「酒居」と苗字の字を改めています)の子孫にあたります。

3 公開作品の概要

 彦根藩井伊家初代で、徳川家康のもとで活躍した井伊直政(1561~1602)が、酒井三郎右衛門尉に宛てた書状です。井伊氏と酒井氏は婚姻関係のある近しい一族だったと考えられ、江戸時代には井伊家の家臣になっています。
 書状では、酒井から手紙や鮭を贈ってもらったことに直政が御礼を述べ、直政の煩いが治ったので下向するという直政自身の近況を伝えています。歴史的な事件と関わるような内容は見られませんが、直政からこのような書状を直接もらっていること自体が、井伊家と酒井氏との親しい関係を示していると言えましょう。
 巻子には、明治23年(1890)に井伊直政書状について記した石黒務(1840~1906)の解説文もあわせて装幀されています。石黒務は、旧彦根藩士で、明治時代に地方の官職を勤めたのち、井伊家の近くで活動し、井伊家や彦根藩に関わる史料の収集・考察にも取り組んでいた人物です。石黒は、この解説文で、酒居氏は当初は直政の他の家臣とは違い客分であったため厚い待遇を受けていたこと、また、井伊直政が酒居氏に書状を送ったとしても怪しむことではなく、井伊直政の真蹟であることに疑いないことを述べています。
 なお、この史料は旧彦根藩士の歴史研究者中村不能斎(なかむらふのうさい)により明治時代に翻刻されており(「中村不能斎採集文書(なかむらふのうさいさいしゅうもんじょ)」、東京大学史料編纂所所蔵)、以前からその存在は知られていました。今回その原本が発見された形になります。
 井伊直政書状は戦国時代の書状の貴重な原本であり、石黒務の解説文も明治時代の歴史研究の活動も窺える史料として高い価値があります。

4 公開期間

 令和4年(2022年)10月7日(金)~12月6日(火)
  開館時間:午前8時30分~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)

5 会場

 彦根城博物館 展示室6(常設展「“ほんもの”との出会い」の会場内)

6 観覧料

 一般 500円(450円)
 小・中学生 250円(170円)  ( )内は30名以上の団体割引料金
  *企画展と常設展「“ほんもの”との出会い」ともにご覧いただけます。

 

井伊直政書状、酒井三郎右衛門尉宛

石黒務解説文

 

 

 

 

 

 

2022年8月30日

企画展「上田道三 ―彦根の歴史風景を描く―」を開催します

令和4年10月8日(土)~11月7日(月)までの会期で、企画展「上田道三 ―彦根の歴史風景を描く―」を開催します。

上田道三(1908~84)は彦根に生まれ、京都や奈良で絵を学んだのち彦根に戻り、城郭や古民家等を愚直に描き続けた画家です。本展では、道三が描いた彦根の風景画を中心に、画壇で活躍した若き日の作品も展示し、その画業の全貌を紹介します。

 

ちらし表面・ポスター           ちらし裏面

企画展「上田道三 ―彦根の歴史風景を描く―」ちらしPDF

 

 

2022年5月31日

企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」関連イベントを開催します

彦根城博物館では、令和4年7月23日(土)から8月31日(水)までの会期で、企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」を開催します。
この展覧会は、近世に活躍した彦根藩の足軽の歴史的変遷を辿り、その実態に迫るとともに、他藩の足軽とは異なる特徴などを紹介するものです。
本展の関連事業として現地見学会とシンポジウムを開催します。ぜひ、ご参加ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、展示および現地見学会等の関連イベントが変更または中止となる場合があります。最新の情報は、当館ホームページ等で随時通知します。

 

現地見学会「彦根市指定文化財 足軽組屋敷をめぐる」

彦根市指定文化財である足軽組屋敷を特別に公開し、現在も残る足軽組屋敷の様子や町割りなどを、実際に現地を歩きながら紹介します。

■日  時 令和4年(2022年)8月6日(土)
      第一部 午前 9時から午前10時30分
      第二部 午前11時から午後 0時30分
      ※第一部と第二部は同内容

■講  師 渡邊弘俊氏(彦根辻番所の会会長)
      北野智也 (当館学芸員)
■会  場 旧彦根藩足軽組屋敷(善利組・旧礒島家住宅)
      (彦根市芹橋二丁目)ほか
■定  員 各部15名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
■参    300円(保険料・資料代)
主  催 彦根城博物館
共  催 彦根辻番所の会

■申  込
①彦根市電子申請サービス
申込ページはこちら

②往復はがき
往信の裏面に住所・氏名・電話番号・参加を希望する部を、返信の宛名面に住所・氏名を明記の上、
以下の住所までお送りください。(お1人様1通)

〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町1-1
彦根城博物館学芸史料課「足軽組屋敷現地見学会」係

■申込期間 令和4年(2022年)6月1日(水)~7月19日(火) *必着                           

 

 

 

 

 

シンポジウム「彦根藩足軽の実態と特質―萩藩との比較から―」

外部講師として、日本近世史における代表的な足軽研究者の一人である森下徹氏、彦根辻番所の会として足軽組屋敷の保存・活用に尽力されている渡邊弘俊氏に登壇いただくほか、当館学芸員も登壇します。他藩との比較を通じて、彦根藩の足軽や足軽組屋敷の特徴について紹介します。

■日  時 令和4年(2022年)8月20日(土) 午後1時~午後4時30分
■講  師 森下徹氏 (山口大学教授)
      渡邊弘俊氏(彦根辻番所の会会長)
      北野智也 (当館学芸員)
■演  題 森下徹氏 「(仮)萩藩の足軽について」
      渡邊弘俊氏「(仮)彦根の足軽組屋敷の保存と活用について」

      北野智也 「(仮)彦根藩の足軽について」
■会  場 彦根城博物館能舞台正面見所
■定  員 65名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
■受    500円(展示の観覧には別途観覧料が必要です)
主  催 彦根城博物館
共  催 彦根辻番所の会

■申  込
①彦根市電子申請サービス
申込ページはこちら

②往復はがき
往信の裏面に住所・氏名・電話番号を、返信の宛名面に住所・氏名を明記の上、
以下の住所までお送りください。(お1人様1通)

〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町1-1
彦根城博物館学芸史料課「シンポジウム」係

■申込期間 令和4年(2022年)6月1日(水)~7月19日(火) *必着 

 

2023年5月9日

令和5年度 彦根城博物館学芸員による講座

彦根城博物館の学芸員は、各自の研究テーマや担当する展示について、調査・研究を行っています。その成果や最新の知見を市民に直接伝える場として講座を開催します。これにより、当館の活動や所蔵資料、さらには日本の歴史や美術にも関心を持ってもらおうとするものです。

 

1 開催日・演題・内容・講師

①令和5年6月3日(土) *終了しました 

私の研究最前線 「菊満香―琳派に魅せられた幕末の女性画家―」(髙木 文恵)
幕末期、近江国の湖東・湖北地方を舞台に、菊の絵をよく描いた「菊満香(きくまんこう、万香)」と称される女性がいました。謎に包まれた満香について、現時点で分かったことを紹介します。

②令和5年7月22日(土) *終了しました 

私の研究最前線 「大殿様井伊直中と槻御殿」
(渡辺 恒一)

文化9年(1812)に隠居した11代直中(なおなか)は、20年近く、彦根の槻御殿で暮らしました。当時の直中の活動や、子の直弼ら周りの人びととの関係など、その暮らしぶりを紹介します。

③令和5年8月19日(土) *終了しました 

企画展「仰ぎて天文を見る」関連講演会

「江戸時代における天文の理解について」
(荒田 雄市)
江戸時代の人々は天文現象をどのように理解していたのでしょうか。著書で天体の運動を論じた国学者長野義言(ながのよしとき)など彦根ゆかりの人物の事例もあわせて紹介します。

④令和5年8月26日(土) *終了しました 

私の研究最前線 「彦根城下のなかの足軽」
(北野 智也)

彦根藩では1000人を超える足軽を37組に編成し、城下の善利橋などに集住させました。本講では、新出資料をもとに各組の居住分布を復元し、彦根城下と足軽組の関係に迫ります。

⑤令和5年9月16日(土) *終了しました 

企画展「関東大震災から100年 災害と井伊家伝来資料」関連講演会

「災害と井伊家伝来資料」(茨木 恵美)
井伊家伝来の美術品と古文書は、明治29年(1896)の琵琶湖大水害や大正12年(1923)の関東大震災によって甚大な被害を蒙りました。これら被害の実態を、罹災資料を紹介しながら改めて振り返ります。

⑥令和6年1月13日(土)

私の研究最前線 「彦根藩領の湊と船―船役所の機能を中心に―」(荒田 雄市)
彦根藩船役所は藩領内の湊や船、漁業などの支配に当たっていました。その職掌・機能や湊の様相について、水主小頭(かここがしら)であった磯崎家に伝わった古文書などから考えます。

⑦令和6年2月24日(土)

私の研究最前線 「石黒務―明治に活躍した旧彦根藩士―」(早川 駿治)
明治期に福井県知事等の地方官僚を勤めた石黒務(いしぐろつとむ、1840~1906)は、他方では井伊家等に関わる資料の収集・考察をしていました。その足跡をさまざまなところに残す彼の人物像を紹介します。

⑧令和6年3月9日(土)

私の研究最前線「「暮物伺」から見た彦根藩武家奉公人の実像」(柴﨑 謙信)
彦根藩各役所の武家奉公人の昇給は、年末に目付 から藩主に提出された「暮物伺(くれものうかがい)」という書類をもとに実施されました。この人事手続に見える彼らの実像を紹介します。

⑨令和6年3月16日(土)

私の研究最前線「井伊直忠の能稽古と梅若家」(茨木 恵美)
井伊家15代直忠(なおただ、1881~1947)は、観世流の梅若万三郎(うめわかまんざぶろう)らに師事し、その生涯を能に捧げた人物です。直忠が実際にどのように稽古を行っていたのかを、梅若家との書簡などから探ります。

 

2 開催時間

午後2時から90分程度

3 会場

彦根城博物館 講堂

4 定員

各回50名

5 費用

資料代 各100円(彦根市内の中学生以下は無料)

6 受付

当日先着順(午後1時30分より受付開始)

7 問い合わせ先

彦根城博物館学芸史料課「講座」係
〒522-0061 彦根市金亀町1番1号
TEL0749-22-6100 FAX0749-22-6520

8 その他

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、講座の開催を変更する場合があります。

2022年7月14日

企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」を開催します

令和4年7月23日(土)~8月31日(水)までの会期で、企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」を開催します。

戦乱の世に、鉄砲や弓などで戦った歩兵の足軽。太平の世となった近世、彦根藩の足軽は日々の軍事鍛錬に加え、藩政の様々な実務を担い、幕末期には再び戦場で活躍しました。本展では、古文書や足軽の家に伝来した彼らの所持品などから、その多様な実態と特質に迫ります。

ちらし表面・ポスター         ちらし裏面

企画展「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」ちらしPDF

図録も販売しております。
「彦根藩の足軽 ―歩兵たちの近世―」図録はこちら

 

2022年5月10日

『彦根城博物館 研究紀要』第32号を刊行しました

このたび、『彦根城博物館 研究紀要』第32号を刊行しました。この紀要には、当館学芸員の日頃の研究結果をまとめた資料翻刻2編を収録しています。

本書は、当館ミュージアムショップで頒布します。当館への電話によるご購入も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

名  称:『彦根城博物館研究紀要』第32号
判  型: B5判
ページ数: 80ページ
印  刷: 単色印刷

収録内容:
(1)資料翻刻 「楽器類留」続 弾きもの       髙木 文恵
                         渡辺 恒一
(2)資料翻刻 五十嵐半次家文書中の大坂の陣関係史料 早川 駿治

※それぞれの概要文はこちら

 

詳しくは「彦根城博物館研究紀要」のページをご覧ください。

2023年4月1日

令和5年度については、彦根市主催の能狂言の開催はございません。

令和5年度は、能舞台周辺施設の工事を予定していることから、彦根市主催の能狂言は開催いたしません。
楽しみにしてくださっていた皆様には、誠に申し訳ございません。

ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。

2023年8月25日

彦根城博物館【秋声の茶席】を開催します!

 この度、彦根の夜を楽しんでいただくための様々なイベントを実施する「彦根夜の陣2023」の事業の一環で、彦根城博物館では「秋声の茶席」を開催することとなりました。
 藩主の住まいを復元した木造棟で、ライトアップされた庭園と夜空を眺めながら、ゆったりとお茶とお菓子をお楽しみください。

開催日時

10月7日(土)・10月8日(日)・10月21日(土)・10月28日(土)

 ①18時00分~18時30分 ②19時00分~19時30分  ※各回30分制です

料 金  

一服 800円(抹茶・季節の生菓子・限定版御城印の代金を含む)

定員 

各回8名

申込開始日

9月20日(水)

申込方法

事前予約制。各開催日の前日17時までに、お電話にてお申込みください。

TEL:0749-22-6100

その他

・展示室は公開しません。

 

【お車でお越しの方】

お近くの駐車場をご利用ください。

・二の丸駐車場  彦根市金亀町4-33

・桜場駐車場  彦根市金亀町3-3030番地1

 

※イベントの開催を中止する場合があります。その際は、改めてお知らせします。

 

2022年9月2日

彦根城博物館【秋声の茶席】を開催します!

 この度、彦根の夜を楽しんでいただける各種イベント【彦根夜の陣2022】として、博物館でも「秋声の茶席」を開催することとなりました。
 藩主の住まいを復元した木造棟で、ライトアップされた庭園と夜空を眺めながら、ゆったりとお茶とお菓子をお楽しみください。

開催日時

10月8日(土)、10月9日(日)、10月15日(土)、10月29日(土)

 ①18時00分~18時30分 ②19時00分~19時30分  ※各回30分制です

※定員に達したため、申し込みを終了いたしました。

料 金  

一服 500円(抹茶・季節の生菓子)

定員 

各回8名

申込方法

事前予約制。各開催日の前日17時までに、お電話にてお申込みください。

その他

・展示室は公開しません。
・オリジナル記念品を贈呈します。

【感染予防対策へのご協力をお願いします】

◎呈茶までのマスクの着用と、咳エチケットの励行をお願いします。
◎手指消毒へのご協力をお願いします。
◎体調がすぐれない方、熱などの症状がある方はご遠慮ください。

なお、今後の情勢や動向に応じて、感染予防対策を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

彦根城博物館「秋声の茶席」チラシ

 「彦根夜の陣2022」の詳細はこちら

 

 

2022年1月15日

彦根城能プロモーション動画を彦根市YouTube チャンネルにて配信しています!

令和3年9月19日に予定されておりました「第54回 彦根城能」は、新型コロナウイルス感染症の流行を受け、滋賀県に緊急事態宣言が発出されたため、やむなく中止となりました。
残念ながら、令和3年度は彦根城博物館能舞台での上演はありませんが、彦根城能の魅力をお伝えするため、「第51回 彦根城能(平成29年)」にて上演しました「卒都婆小町」の一部を動画にしましたので、ぜひご覧ください。
またの機会にお越しいただけることを心待ちにしております。

この事業はJLODlive2キャンセル料支援により実施しています。

HOME >新着情報 > お知らせ